ブンバボーンな毎日

RubyやPython, JavaScriptなど勉強したことなど、IT関連の記事を書いています

オープンデータをJavaScriptで可視化してみた

f:id:s-uotani-zetakansu:20170825102654j:plain

こんにちは、エンジニアのさもです。

今回はオープンデータをc3.jsというJavaScriptライブラリを使ってデータビュジュアライゼーションしてみたいと思います。

c3.jsのダウンロードや簡単な使い方はこちらの記事をご覧ください。ダウンロードだけなので時間はかかりません。

www.uosansatox.biz

目次

準備

オープンデータを選ぶ

LinkDataというサイトからデータ可視化できそうなオープンデータを選びます。

JavaScriptから利用するので、JSON形式でデータを使います。

JSONデータの取得方法は以下を参照してください

www.uosansatox.biz

今回は、上の記事で紹介している、兵庫県神戸市の避難所一覧を使います。

JSONのURLはこちらです。↓

http://linkdata.org/api/1/rdf1s2308i/emergency_shelter_kobe_rdf.json

ブラウザのURLバーへコピペするとデータが取得できると思います。

フォルダ構成

難しいことはしないです。

作業用のフォルダを作って、ダウンロードした、c3.js, c3.css, d3.js.min を入れておいてください

同じフォルダに、名前は何でもいいですが、json_test.htmlみたいな感じでhtmlファイルを作っておきます。

実装する

html

json_test.htmlの中身を書いて行きます。

まず、html部分です.

<html>
  <head>
    <link href="./c3.css" rel="stylesheet">
    <script type="text/javascript" src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.9.1/jquery.min.js"></script>
    <script src="./d3.min.js" charset="utf-8"></script>
    <script src="./c3.js"></script>
  </head>
  <body>
    <div id="chart" style="width: 80%;"></div>
    <script>
    </script>
  </body>
</html>

headタグの中身は、必要なjs, cssの読み込みです。

<div id="chart" style="width: 80%;"></div> の中身に実際にグラフが表示されます。

scriptタグの中身に、データの取得・整形・描画処理を書いて行きます。

JavaScript

scriptタグの中身は次のようになります。

var data_url = "http://linkdata.org/api/1/rdf1s2308i/emergency_shelter_kobe_rdf.json?callback=?";
var area_url = "http://linkdata.org/property/rdf1s2308i#area";
var key_values = {};
var keys = [];
var values = ['避難所数'];

// json形式でデータをダウンロードし、それぞれの地域にいくつ避難所があるのかカウントする
$.getJSON(data_url, function(json){
  for(var key in json){
    area_name = json[key][area_url][0].value;
    if(key_values[area_name]){
      key_values[area_name] += 1;
    } else {
      key_values[area_name] = 1;
    }
  }

  // グラフ表示用にデータを整形
  for(var key in key_values){
    keys.push(key + "区");
    values.push(key_values[key]);
  }

  // グラフ表示
  c3.generate({
    bindto: '#chart',
    data: {
      columns: [values],
      type: 'bar'
    },
    axis: {
      x: {
        type: 'category',
        categories: keys
      }
    }
  });
});

ざっくり説明すると、

  1. $.getJSONでdata_urlにアクセスし、データをダウンロードする
  2. 地域名をキー、地域内にある避難所の数を値として、ハッシュ形式に加工する
  3. c3.jsへ渡す用にデータを配列形式へ加工する。
  4. c3.generateでグラフを作成・描画する

こんな感じです。

1点だけ、注意です。

data_urlが参照する先はオープンデータを選ぶの最後に書いたURLと同じところですが、URLの後ろに?callback=?というのをつけるのを忘れないでください。

実行結果

コーディングできたら、保存して、ブラウザで開きます。

f:id:s-uotani-zetakansu:20170825105247p:plain

上記のグラフが表示されたら成功です!

最後に

簡単でしたが、オープンデータを使ってデータビジュアライゼーションしてみました。

面白いオープンデータを見つけたら、また記事を書いて紹介したいと思います。