webエンジニアの日常

RubyやPython, JSなど、IT関連の記事を書いています

2年間の育児休業が終わりました。

はじめに

タイトルの通りです。2年前の今日、育児休業が始まりました。 子供に怒ったことも、妻と喧嘩したこともありました。怖いマンションのオーナーと真下の階の住人に悩まされたりもしましたが、ほとんど毎日爆笑しながら過ごした2年間でした。

これから育児休業を取ろうと思っている人、育児に積極的に参加しようとしている方に向けた文章を書きたいのですが、正直何を書けばいいか分からないので、育児休業取ったある男性が、この2年間で何を思ったのか、残しておこうと思います。

  • はじめに
  • 育休中にやったこと
  • 育休中に変わったこと
  • 子供の成長をみてきて
続きを読む

脳とは何か。家で簡単にできる実験

はじめに

比較的最近出版されている習慣や学習の本を見てみると、脳科学のデータや論文を引用し応用することが主流になってきているように思える。

脳科学というと心理学と似たような学問のように考えてしまうが、興味を持って最近出版された脳科学の本を何冊か読んでみると、全く別の考え方に根差した学問であることが分かった。

脳科学と心理学の大きな違いは、脳科学が脳の内部反応を見ているのに対し、心理学は外部反応を見ている。

脳科学では外からの刺激に対し、脳のどの部位が反応して、結果どのようなホルモンが出たり、体にどのような反応がでるのか調査する。調査した結果、異なる外部刺激であっても、同じ部位が反応すれば、同じような反応をしていまうということも分かっている。 その最も顕著な例が「共感」である。誰かがひどい目にあわされたり、ホラー映画で痛々しい場面があると、「胸が痛む」「同じ場所がムズムズする」といった反応が起きるが、この時、実際にケガをした場合に反応する脳部位と同じ場所が強く反応する。つまり「本当に」痛みを感じている。

一方、心理学はアドラーのような個人の心理学を除けば、統計学とほぼ等しい。ある集団に対して、外部刺激を与え、その刺激に対してどのように反応するかのデータを取る。例えば、学生が教室で告白するのと、つり橋の上で告白するのとでは、カップルが成立する確率に明確な差があるのかどうかを検証する。統計的に有意な差があれば、それは心理学的に効果があると認められる。

心理学は統計的に有意が判定できるだけのデータが集まれば効果を検証することは容易いが、脳科学の調査は脳波や電気信号、活動領域を調べないといけないため、心理学よりも調査が難しい。きわめて医学的な分野となる。

最近になって、ようやく脳活動の詳しいメカニズムが解明されてきた。いくつかの本のまとめにすぎないが、ここでは脳について分かっていることを、家でできる実験を交えて紹介したいと思う。

前半は脳について分かっている基本的な事柄を書き、後半は実験を交えて驚くべき脳の機能を見ていく。

続きを読む

AIってそもそも何?AIにまつわる疑問に答えてみます。

はじめに

2016年ごろからITエンジニア業界では(第3次)AIブームが起こりました。第3次と書いたのは、実はブームになるのはこれで3回目です。

その後、数年かけて実験・開発が繰り返され、2018年ごろから様々なAI関連商品やサービスが誕生しました。

 

みなさんのAIに対するイメージってどんなものでしょう?

テレビではよく「〇〇を学習して××なAIが誕生した」みたいに言われています。

が、コンピュータが学習ってどういうこと?って思いませんか。

 

そこで今回はざっくりと現在作られているAIについて解説し、AIが得意なこと、苦手なことなどを書いてみようと思います。

 

【目次】

 

  • はじめに
  • 現在のAI
    • 計算の仕組み
    • 学習の仕組み
  • AIの得意なこと・苦手なこと
  • AIが仕事を奪う?への私なりの解答
  • AIが戦争を起こす?
  • 最後に

 

続きを読む

アルゴリズムってなんだろう?

 

 

はじめに

プログラミングスクールの講師をやっている中で、基本的な構文は分かったけど、いざプログラムを書くとなったら何をしていいかわからない。手が動かない。と言う方がほとんどです。

 

そこで今回は、まずそもそもプログラミングって何?という話をします。話の中でプログラミングとプログラムという言葉が出てきますが、プログラム(文字)を考えて入力する行為がプログラミングになります。混同しないように注意して下さい。

 

プログラミング(またはプログラム)が何か説明した上で、プログラムを書く方法をお伝えします。ただし、具体的なプログラミングの書き方やコードの説明ではありません。

最終的にアルゴリズム≒プログラムという結果になるので、タイトルは「アルゴリズムってなんだろう?」にしています。

 

また、小学校からプログラミング教育(いわゆるプログラミングじゃなくて、プログラミング的な考え方、要するにアルゴリズム)が始まるそうです。もう始まっているのかな。この文章はプログラミングを教えることになったけど、今いちよく分からんという講師・教師に向けたものでもあります。

 

一プログラマの意見ですが、参考になれば幸いです。

 

【目次】

 

  •  
  •  
  • はじめに
  • プログラムって何?
    • 問題
    • 手順
    • 自動化
  • 問題から手順へ
  • 手順から自動化へ
  • 最後に

 

 

続きを読む

子供に図鑑をプレゼントするときに私が考えていること

はじめに

自分の子供や親せきのお子さんの誕生日やクリスマスにプレゼントするものって迷いますよね。クリスマスはお子さんが欲しがってるものでしょうか。

誕生日は年齢も上がるし、お兄ちゃんお姉ちゃんになっていくので、おもちゃ以外のものを送りたい。そう考えている方も多いはず。

 

私は迷わず図鑑をお勧めします!

 

なぜ図鑑をプレゼントするのか

なぜプレゼントに図鑑をおススメするかと言うと、

続きを読む

これからプログラミングスクールに通う方へ

はじめに

最近では、〇〇Techや〇〇Academyのようなプログラミングスクールが数多く出現し、ITエンジニアへの転職ブームが起きつつあります。

スクールを比較したブログ記事もこれまでたくさん見てきましたし、実際に転職された方、スクールに通いながら自分でサービスを作った方もたくさん見てきました。

私も、まだ1年もたっていないですがプログラミングスクールの講師(1対1で授業を行う)として働いています。

スクールに通われる方の多くは、これまで全くHTML/CSSやプログラミング言語を触ったことのない方々です。私が受け持っている生徒さんも営業職や大学生などプログラミングとは無縁だった方が多数です。

しかし、入ったはいいものの、思ったよりスキルが身に付いている実感がわかなかったり、モチベーションが続かなかったりする方もちらほら、、、というかかなりの方がそうなってしまいます。

続きを読む

育児休業を最長の2年まで延長することにしました

f:id:s-uotani-zetakansu:20191121014153j:plain

仲良く机の下にもぐる兄弟

タイトルの通りですが、私は2018年の5月から育児休業を取得し、これまで1年半仕事をせずに育児・家事をしてきましたが、さらに半年間育児休業を延長することにしました。

 

少しずつ男性でも育児休業を取得される方が増えてきたみたいですが、大半は1か月未満の短期間の休業にとどまるようです。

 

そこで、この1年半を振り返りながら、男性が長期の育児休業を取った結果どうだったのか、育児をするうえで大切なことなど、思いつくままに書いていこうと思います。

 

 育児休業ってどういう制度?

昔の自分を含め多くの方、が勘違い・混同されているのが、育休と言った場合に二つの意味があるということです。

 

一つは単に育児のために仕事を休むという「権利」のこと、もう一つは国の育児休業給付金という「制度」のこと。

 

前者は就職して1年以上経つなどの条件を満たせば、育児のために仕事を休む権利が与えられること法律(労働基準法)が定めています。なので、基本的には会社はこの申し出を断ることができません。

よく、うちの(夫の)会社には育児休業の制度が無いと言っている方を耳にしますが、会社に制度があるなしは関係ありません。

 

後者は社会保険の中の給付制度に当たります。これは働いていた時の給与に応じた額が育児休業中に給付される制度です。

給与額の100%もらえるわけではないので、生活が保障されるわけではないですが、私たちは今のところこの給付金だけで生活しています。

また、住民税以外の健康保険料や社会保険料の納付は免除されるので、最初の半年間は実質給与額の7~8割くらいだと言われています。

 

 

大変だったこと

育児自体は妻と二人で、2歳と0歳(育休開始時点)の二人の子を見るので、そこまで大変ではありませんでした。

もちろん、妻は3時間毎の授乳があるので私がいても大変なことに変わりはありません。

 

どちらかと言えば、全く仕事から離れてしまうので、ブランクとなる期間があり、ちゃんと復帰できるのかという精神的な不安がずっとありました。特に私の仕事柄、どんどん新しいことを勉強しないといけないので、かなり精神的にきつかった時がありました。

 

それから、世間の目が冷たい。

特に、おばちゃんたちは基本的に男性は育児していない前提で話しかけてきます(「そこのパパ、そんな抱き方じゃだめよ。」みたいな)し、育休中ですと言っても通じる人はほとんどいません。年配の助産師さんや女医さんは基本的に夫は空気として扱うようです。

身内からは「ニートで大丈夫?」「給付金もらってんの?そんなことしていいの?」と心配されます。私もたまに心配になります。

 

あとは、ご飯が落ち着いて食べられない。子供を見ながら自分もご飯を食べるので、ご飯を食べた記憶が残らない。知らない間にハンバーグが消えていて、妻を疑ったこともあります。(これ、結構ママさんたちのあるあるじゃないですか?)

 

f:id:s-uotani-zetakansu:20191121014856j:plain

サイクリング帰りの足湯。お気に入りの一枚

良かったこと

 

逆によかったことは、ありきたりですが、子供の成長を見られること。

初めて立った、喋ったを妻からの報告じゃなくて、その場で見ることができる。

水族館や動物園など休日混むところは平日にいけちゃう。

 

育児に関して問題なく何でもできるようになる。これは今だけじゃなくて、将来、孫の面倒を見ることができるおじいちゃんになれるんじゃないかなと思っています。

 

あと、「ブランクになって不安」と前述しましたが、実はその心配は最初の半年ぐらいで、途中から1日の前半3時間と後半3時間で妻と私で時間を分ける(前半は妻一人で子供二人を見て、後半は私が子供二人を見る)ようにしてからお互い自分の時間ができて、むしろ働いていた時より勉強する時間は増えました。

 

なのでこの育休の間に新しいライブラリの使い方を覚えたり、仕事で使っていたスキルを忘れないように復習できたり、FP3級の資格を取ったりすることができました。

 

自分の時間確保するの大事!

 

また、10月に地元の奈良県へ引っ越したのですが、引っ越し準備も、引っ越し後の作業も時間に追われることなくスムーズに終えることができました。

 

f:id:s-uotani-zetakansu:20191121014623j:plain

引っ越しの時に捨てた手作りバムケロの小物入れ。さようなら

結局取って良かったの悪かったの?

いいことだらけで、取って良かったです。

 取らなければ絶対後悔していました。

 

世のパパさんに育休をおススメするかどうか

勧めたいですが、やっぱり難しいですよね。って思う。

育休を理由に降格や異動をさせてはいけないという法律がある以上、育休中の人のポジションをずっと空席にしておかないといけない。となると役職を持っている方は難しいと思います。

 

だからと言って入社3年目くらいの方が長期育休を取れるかと言うと、給付金額が少ないということもあり、やはり難しいと思います。

 

ですが、それ以上に、双子や二人目以降のお子さんをお母さん一人で見るのはかなり大変なので、難しいけど頑張って取ってください。

産後は実家でしばらく過ごすパターンもありますが、ママが孤立してしまう(育児を手伝ってくれる人が近くにいない)状況で産後直後のママが一人で子供を二人以上面倒見るのは無理ゲーです。仕事なんかしている場合ではないので、育休を取ってください。

 

最後に、妻からひと言

「ワンオペ育児にならずに心強かった。ご飯作らなくて楽だった。」

「(これから育休を取るパパさんへ)手伝うのではなく、協力しましょう。サブではなくメインで!」

最後に2、育児・育休をする上で大切だと思うもの

f:id:s-uotani-zetakansu:20191121014300j:plain

広い公園(平城宮跡)

・自分の時間

・(子供たちの)生活リズム

・広い公園の早期発見

・好きな野菜、食べてくれる野菜の調理法の早期発見

・「おっさんずラブ」のような夢中になれるドラマや映画

・やすとものどこいこ

・果物の皮むき器(<-下村工業さんのめっちゃ良かった。)

・周りの目を気にせず、「悪いことをしている」という意識を捨てること