webエンジニアさもの挑戦

RubyやPython, JavaScriptなど勉強したことなど、IT関連の記事を書いています

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

LinkDataからオープンデータをjson形式で取得する

オープンデータを取得できるLinkDataというサイトから、データをjson形式で取得する方法を書いていきます。

まず、LinkData

ja.linkdata.org

へアクセスします。

今回は自治体の一覧からデータを探してみたいと思います。そこで、

f:id:s-uotani-zetakansu:20170818234120p:plain

ピンクの花の画像のリンク「市町村毎に一覧で見る」をクリックします。

次に、市町村が一覧で並んでいるので好きな市町村のリンクをクリックします。私は下の方にある兵庫県神戸市を選択しました。

f:id:s-uotani-zetakansu:20170818234141p:plain

すると、下記画像のように、データセットが一覧表示されます。画面下の方にある避難所のデータセットのリンクをクリックします。

f:id:s-uotani-zetakansu:20170818234145p:plain

「データセットの情報」タブにある、「その他の形式のAPIリストを表示 」リンクをクリックします。下記画像の赤枠で囲んであるところです。

f:id:s-uotani-zetakansu:20170818234149p:plain

すると様々な形式でデータセットが用意されているので、その他のAPIテーブルにあるRDF/JSONのURLをコピーします。

f:id:s-uotani-zetakansu:20170818234151p:plain

コピーしたURLをブラウザのURL入力へペーストして表示させるか、curlコマンドでjsonを取得することができます。

下記画像はブラウザから見た様子です。

f:id:s-uotani-zetakansu:20170818234155p:plain

jsonをゲットしたらあとは好きなようにデータを加工するなり、表示するなり、データを利用してみましょう!