ブンバボーンな毎日

RubyやPython, JavaScriptなど勉強したことなど、IT関連の記事を書いています

数学を好きになれた4つの理由

数学は好きですか?

たぶんたいていの方が嫌い・苦手だと答えると思います。

数式を見ると頭が痛くなる(どこかで見ましたが、科学的に本当に頭が痛くなることが証明されているようです)方から、 数式を見るとほっとする私のような方まで、数学はもっとも好き嫌いが分かれる教科ではないでしょうか?

そんな数学ですが、私が数学を好きになれた理由をいくつか紹介したいと思います。

大学で何を勉強しようか迷っている方、数学の何が良いかわからない方へ、少しでもお役に立てればと思います。

間違っていない

数学という学問が存在する一番大きな理由が「証明」という概念が存在するからではないかと私は考えています。

紀元前何千年前という大昔から数学は研究され、いろいろなことに応用されてきました。

その中で、本当に正しいのかどうかを厳密に、すべての人が納得できるように説明したのが「証明」です。

そのおかげで、何千年前に証明された定理は今でも使われています。それが間違っていないと断言できるからです。

歴史好きの方には申し訳ありませんが、私は「歴史」という教科があまり好きではありません。なぜなら、本当にそれが正しいか分からないからです。

実際、そんな人は実はいなかったとか、戦が起こった時代が間違っていましたとか、何度も教科書が訂正されています。

間違っているかもしれないというものに対して、がんばって暗記しようという気持ちになれないのです。

数学は、ある定理が実は間違っていました。ということは起こりえません。覚えたことが全くの無駄にならないという安心感があるのです。

もっとも優れた言語

私は、

自然の書物は数学の言語によって書かれている

というガリレオ・ガリレイの言葉が大好きです。

数学ほど、研究対象が多いものはありません。

パズルから宇宙、生物、情報、心理学(統計)など、スピリチュアルな何の根拠もないものを除けば、ほとんど数学の研究対象になると思います。研究対象になるかどうかは、数学者が興味を持つかどうかです。

大学の学部を選ぶとき、私は数学か物理学か迷っていましたが、結局数学へ行けば物理も学べるし、生物へ興味がわいたとしても、数学なら研究できると思い、数学を選びました。

実際、学士、修士論文のテーマはどちらも物理学の領域でした。

覚えることが少ない(高校までは)

私は暗記と言う作業が大嫌いでした。(今では暗記も時には必要だと感じてしぶしぶやっています)

英語など、なぜテストで辞書を使ってはいけないのか意味が分かりませんでした。いったい何をテストされているのだろうかと。

数学は比較的覚えることが少ないです。2倍角の公式を覚えているでしょうか?


\sin(2x) = 2\sin(x)\cos(x)


\cos(2x) = \cos^2(x) - \sin^2(x)

のことです。

私はとにかく暗記が嫌いだったので、和の公式だけ覚えて、2倍角、3倍角や半角の公式はすべてテスト中に導出して使っていました。

そんなことを繰り返しているうちに結局覚えてしまったのですが、もし公式を忘れてしまったとしても何とかする道が残されている、というのが数学です。

英語だとテスト中に単語の意味が分からなくなるとそこで終了です。

自由、解き方が複数ある

数学ではひとつの問題を解くのに複数の解き方があるのが魅力的です。

同級生や先生が思いつかないような解き方をしてやろうと考えると、とても楽しかったです。

そして、そんな自由度があるのは数学だけだと思います。

この答えじゃなきゃだめという、テストはとてもつまらなかったです。

最後に

いろいろと書きましたが、最初に数学(算数)を好きになったのは、数学が一番点数を取れたからだと思います。

なぜ、数学で一番点数を取れたか、その理由は、「塾で一番厳しい先生が数学の先生だったから」です。数学の宿題だけは必ずやりました。英語の先生や国語の先生は厳しくなかったので、さぼったりしていました。

ですが、大学院を卒業して、社会人になった今でも数学がすきなのは、やっぱり上で書いたことが理由だと思います。

他にも数学の魅力はたくさんあります。数学以外の学部へ行った方がよかったと思ったことは一度もありません。

最近話題の機械学習もふんだんに数学が使われています。機械学習の本を読んだとき、数学ができなくて、本の内容が理解できなかったらと思うと、すごく恐ろしいです。

エンジニアという職業上、ほんの少しですが業務でも数学を使います。本当に数学を勉強しておいてよかったと感じています。