webエンジニアが子育てするらしいですよ

RubyやPython, JSなど、IT関連の記事を書いています

プリンに釣られて人生初の献血をしてきました。

f:id:s-uotani-zetakansu:20180115182528j:plain

こんにちは、さもです。

先週金曜日から日曜日まで引越し先探しで関西に帰っていました。

引越し先探しは金・土で一旦終わり、日曜日の午前中暇だったので東大寺にふらふら~とサイクリングしてました。

その帰りに近鉄奈良駅(以下、近奈良)を通ると、「献血すると大仏プリンとお菓子がもらえる(上記の写真)」と聞こえたので、すぐにチャリを止めて献血に行ってきました。

スポンサーリンク

献血ルームは近奈良ビルの6階にあります。

人生で初めての献血でどきどきでしたが、受付のお姉さんが丁寧に説明してくれました。

まずは問診表に健康状態や献血の種類などを記入します。今回は普通の400mlの献血です。

問診表を出したら、海外への旅行や通院などの質問を口頭試問で行い、初めてだということで簡単なビデオでの説明も受けました。ラジオ体操の途中みたいなポーズを30秒とって、注射をしても痛くなりやすいかどうかの検査もします。

次に医師による問診と血圧測定を行いました。

血圧は上116、下55の脈拍78でした。高血圧とかじゃなくて良かったです。

そういえば、学生のころの健康診断では緊張のためか、必ず1回目の血圧測定で高血圧になってしまい、3回ぐらい計ってようやく正常範囲に収まるということをしていました。

問診が終わると名前が呼ばれるまで無料のドリンクを飲んでゆっくりしていました。

名前が呼ばれると次は血液検査です。献血よりもこちらが痛かったです。

採血するとその場で結果が出て、献血可能かどうか判断されます。血液型の検査もあるのですが、ちゃんとO型でよかったです。

また少しドリンクを飲みながら待っていると、名前が呼ばれ、いよいよ本番の採血です。

ベッドの上に寝転び、本人確認をし、腕に消毒液を塗ってもらいます。

最初に担当された方が新人さんなのか、僕の超分かりやすい血管も見つけてもらえませんでした。

隣でその新人さんに採血を担当された方は、痛いといって中断していました。あの新人さん大丈夫かな・・・

採血が始まると、足を組んで力を入れる運動をするように言われます。ポンプのように血を送り出すということでしょうか?

採決中はボーっと目の前に設置されてあるテレビを見ていました。

15分くらい経つと採血が終わりました。もう少し長ければ、月曜から夜更かしの再放送見れたのに。

採血あとの腕に止血テープと包帯、その上からバンドを巻かれます。

ベッドから降りて受付前のソファーでドリンクを飲んで15分間休憩です。

休憩中に大仏プリンとお菓子セット(ねるねるねるねとブラックサンダー)とお菓子の自販機のコイン、ミスドのドーナツ一つ無料券をもらいました。

まさかお菓子セットの中身が、「ねるねるねるね」と「ブラックサンダー」だとは(笑)

大仏プリン、めっちゃおいしかったです!

もうこのキャンペーンはやってないかもですが、またプリンとかお菓子がもらえるキャンペーンがやっていたら、つられて行きます。

読者登録はこちら。