webエンジニアさもの挑戦

RubyやPython, JavaScriptなど勉強したことなど、IT関連の記事を書いています

アプリのバージョン(1.1.2みたいなやつ)の読み方知ってますか?

こんにちは、エンジニアのさもです。

ios11がリリースされましたね。私も早速アップデートしました。

osアップデートのたびにappleアカウントの入力で引っかかって、毎回パスワードリセットしてるような気がします。

さて、iosに限らず、アプリやwebサービスにはバージョンってありますよね。

バージョンって数字3つで構成されていることが多いのですが、3つの数字が並んでいる意味知っていますか?

スポンサーリンク

f:id:s-uotani-zetakansu:20170922104255j:plain

この赤線のところです。

3つの場所それぞれの意味は開発者が決めることですが、慣例的に次のような意味があります。

1つ目。メジャーバージョン

一番左の数字です。

この場所の数字はメジャーバージョンと呼ばれていて、アプリ全体にかかわるような機能追加や画面のデザイン修正など、比較的大きな変更があったときに1つ増えます。

MicrosoftOfficeで言えば、年の数字Office2016とかの2016がこれに当たります。

Excelを使う方なら、互換性がないとかよく聞くと思いますが、メジャーバージョンが違うときには、一つしたのバージョンで作られたファイルが開けないときがあります。

数字が低いメジャーバージョンのアプリでも同じファイルが使えることを、下位互換とか言ったりしますね。

2つ目。マイナーバージョン

真ん中の数字です。

この場所の数字はマイナーバージョンと呼ばれていて、主に、新機能の追加があったときに1つ増えます。

一般的に、マイナーバージョンが違うだけでは互換性がなくなることはありません。

3つ目。メンテナンスバージョン

一番右の数字です。

この場所の数字はメンテナンスバージョンと呼ばれていて、セキュリティ強化や、バグの修正等があれば一つ増えます。

メンテナンスバージョンはしょっちゅうリリースされるので、無視することが多いです。

数字が2つしかなかったり、4つ以上だったりすることもあるのですが、だいたいこの3つでバージョンが表されています。

各バージョンでどんな変更があったのか調べる場合は、アプリだったら、「(アプリ名)について」とか、「バージョン」とかに書かいてあったり、あるいは、googleで「(アプリ名) リリースノート」と検索すると出てきます。

メジャーバージョンが0のやつ0.5.3みたいなのは、まだ正式にリリースしてないけど、使える機能があるから使ってみてって感じですね。よくいうベータ版です。

経験上、マイナーバージョン、メンテナンスバージョンがともに0のもの11.0.0などは、バグが残っており、すぐ後にアップデートが来るので、アップデートを少し待っておくのもありかなと思います。iosはすぐにアップデートしちゃいましたけどね。

以上、バージョンの読み方についての雑学でした。